骨盤の歪みによって引き起こされる症状はたくさんあります。
つまりは骨盤矯正さへしっかりできていればそれらの症状を和らげることが可能になります。
まずは骨盤の歪みによって引き起こされる症状について学びましょう。
どれか一つでも該当するようであれば骨盤の歪みが原因かもしれません。

骨盤の歪みによって引き起こされる症状

骨盤の歪みでどのような症状が起きるのでしょうか?
一部をまとめてみましたのでご覧ください。

冷え性

症状
血行障害とも言える症状です。特に末梢血管などでの障害により生じることがあります。
一般的な特徴として、身体全体には寒さを感じず、四肢など部分的に冷えを感じることが多く、全身の冷えを訴える例もあそうです。
特に冷えの訴えの多い部位は足(脚)と手で、冬季と就寝前に強まります。また天候によっても変化します。身体的特徴(身長、体重、BMI など)と冷感との関連性は認められず、皮膚温が低いことが冷感を感じやすいことに直接つながらないそうです。

一般に、女性は男性に比べて皮下脂肪が多いのですが、熱を通しにくい脂肪は、一旦冷えると温まりにくい性質があります。
加えて、男性と比べ血流の多い筋肉が少ないことも起因すると言われています。

女性に多い一つの悩みとして冷え性は骨盤の歪みからくる原因と言われています。血液の流れが十分に行われないことにより起こる症状です。

むくみ

症状
骨盤が開く(歪む)ことで足の血液の循環やリンパの流れが悪くなります。
骨盤が開くと、足に流れる血液やそけい部にあるリンパを圧迫してしまいます。
ここが圧迫されてしまうと、足への血液やリンパ液の流れが悪くなり、むくみが生じるわけです
結果、循環が悪いため戻ってくる血液の中に水分や老廃物が入っていかなくなり、血管に老廃物が溜まるようになります。

この老廃物が蓄積されるほど血液の循環が更に悪くなり、足のむくみは悪化すると言われています。
この老廃物が溜まり続けるとセルライトになってしまうこともあるのでそれが足が太る原因ともいわれています。

正しい姿勢でいないと血液の流れが悪くなりその悪いところに老廃物が溜まってしまうという現象が起きているのです。
むくみの原因は姿勢が悪いのもひとつですね。特に立ち仕事などでヒールを履く人が足がむくみやすいのはそれが原因とも言えます。
かと言ってヒールを履かないわけにはいかない方もいると思います。
ですので、仕事外でどれだけ骨盤をケア出来るかでむくみが解消されるのか分かれてきます。

便秘

症状
骨盤のゆがみの中で便秘に大きな影響を与える症状が「骨盤後傾」です。
骨盤後傾は、骨盤が後ろに傾いてしまう症状で便秘の大きな原因になると言われています。

骨盤後傾が直接便秘に影響を与えるというよりも、骨盤後傾によって腹筋が衰えてしまうということに大きな原因があります。
便秘は運動不足などによる筋力の筋力低下が原因になるのですが、骨盤後傾による筋力低下も原因の一つなのです。

いくら食物繊維を食べてもあまり効果がないというのはこの骨盤後傾が原因かもしれません。

 

尿漏れ

症状
産後や生まれる前どに起こる症状になります。
出産直後というのは、身体に色々と変調をきたすものです。尿漏れもその一つになります。
咳やくしゃみをした時、赤ちゃんを抱っこした時など、お腹に力が入った拍子に起こる尿漏れ。

自然に治るのを待つのではなくしっかり骨盤矯正をすることが大事になります。

生理不順

症状
生理不順の一つの原因は血液の流れが悪くしっかり女性ホルモンが循環していかないことにあります。
骨盤が歪んで血液循環が滞っていると、女性ホルモンを分泌するための伝令がうまく伝えられなくなります。
骨盤の歪みを改善して骨盤内の血流アップを目指せば、女性ホルモンのバランスも整えやすくなります。

生理不順までも骨盤が関係しているのです。しっかり体調をよくする為には骨盤修正が大事なのです。

不妊

症状
骨盤周辺には、子宮や卵巣などの生殖に関係する重要な臓器が位置しています。
骨盤が歪むことで、これらの臓器に対する血行不良やホルモンバランスの乱れが生じてしまう可能性があります。
不妊症でお悩みの方は婦人科だけの治療法だけではなく、身体全体のバランスや骨盤の状態をチェックし自宅骨盤矯正を行うことでも不妊治療が出来ることもあります。

産後にもう一人欲しいのだけど中々妊娠しないという方はもしかしたらこれが原因かもしれませんね。

腰痛

症状
腰痛は背骨の腰の部分にある「腰椎」がずれて、周辺の神経を圧迫することで起こります。この腰椎のずれの原因となるのが「骨盤」のゆがみです。
骨盤と腰椎はつながっているため、骨盤のゆがみは腰椎へと伝わり、腰椎のずれを引き起こします。

特に、体の左右バランスが崩れて首や肩・背中の筋肉が過度に緊張したり、骨盤を支える腹筋が弱ってゆるんだりすると、骨盤のゆがみが起こり、さらに腰椎にもゆがみが連鎖します。

腰椎のずれが腰痛を引き起こすことは一般的に知られていますが、腰椎の病気やぎっくり腰などを除けば、腰椎にだけずれが起こることはほとんどありません。
腰痛や腰の不調には『骨盤のゆがみ』が大きくかかわっています

骨盤のズレが背骨のズレになっているということをしっかり理解しておくことが必要ですね。

膝痛

症状
骨盤の歪みにより歩き方にも変化が出ます。その為膝に負担をかけてしまう歩き方になってしまうのです。
骨盤は体の中心と言っていいほど大事な部分です。骨盤が歪むことにより周りの関節の調子も悪くなってきます。
まずは骨盤を意識していきましょう。

新陳代謝の低下による肥満

 

症状
骨盤がゆがむことによって、姿勢が崩れ、筋肉の緊張のバランスが崩れてしまいます。
使う筋肉と使われない筋肉が出てきてしまうのです。

そのため、筋力が低下し基礎代謝も低下してしまいます。

身体が疲れやすくなる

症状
骨盤の歪みによって身体全体がダルイということもあります。
血液の流れが悪くなることや、筋肉バランスが悪くなり内臓を圧迫してしまうからなのです。
それによって身体がダルく疲れやすいという状態に繋がるのです。

骨盤一つで体の異変が起こりえるのが怖いところです。毎日身体がダルイと感じているのは骨盤のせいかもしれません。

肌荒れ

骨盤の歪みによって便秘が起こるとお話ししましたが、その便秘によって肌荒れも引き起こします。
便秘という状態は体に不純物が溜まっている状態です。それを体の中にいつまでも溜め込んでいるとお肌の荒れの原因となるのです。
骨盤矯正を行い便秘解消することでお肌の荒れも収まりやすくなりますので、お肌のケアは外からだけではなくしっかり体内からも考えてケアするようにしましょう。

 

 

骨盤が歪む原因は産後があぶない?

大きな骨盤の歪みが引きおこるとして、産後などが一番歪むと言われています。

確かに赤ちゃんを産むわけですから骨盤も通常通りではないのはわかりますよね。

ですので産後落ちついたら、お家で出来る簡単なストレッチでもいいので、やっておくことが大事です。

子育てもあるので中々お家を出ることが難しいと思うのでダイエットショーツや骨盤ダイエットをやっておくことが重要になります。

骨盤矯正をする方法を知りたい方はこちら

 

骨盤の歪みによって引き起こされる症状まとめ

いかがでしたでしょうか?骨盤の歪みがあるだけでこれだけの原因があるということを知っておくことが大事です。

まだまだこれ以外にも様々な症状があります。
全ては骨盤のズレから起こりえることですので健康や美容を高めていきたいと考えている方は是非とも骨盤矯正を行いましょう。