今話題のすっきりレッドスムージーですが、果たして実際に飲んでいる人達の口コミや効果はどのようになっているのでしょうか?
様々なネットの口コミをまとめてみましたのでご覧ください。
そして成分とその効果についても調べてみましたのでご参考にしてみてください。


すっきりレッドスムージー口コミ・評判

年齢/性別

口コミ
30代女性

便秘解消でぽっこりお腹が解消されました。


今スムージーってセレブの間で健康食として流行っているのですが、みんな自分のお家でスムージーを作る機械を持っていますが、一般の私にとってはそんな機械買えないしわざわざそれ専用に野菜を買っても高くてしかも作る時間がなくてっていう感じでした。青汁がいいかなっておもったけどやはり不味いと続かないしっていうところですっきりレッドスムージーが好きなモデルちゃんがインスタにあげてるのを見て買い始めました。本当に美味しくてさっぱりしてるのでとても飲みやすいし続けられますね!野菜とか果物の成分が多く入っているからなのか便もよくなってお腹周りがすっきりしました!

30代女性

置き換えダイエットで5㎏減量に成功しました。


たくさんこういうのが出回っている中ですっきりレッドスムージーはここ最近いろんな有名人の方が愛用しているとのことだったので真似して初めてみました。冷やして飲むとこの季節はいいかもですね!とてもお腹いっぱいになるので健康と美容とダイエットになってとてもいいです!しかも置き換えダイエットが出来る人なら胃も小さくなり食べる量も減っていくのでダイエットはとても効果的かなと思います。

30代女性

すっきりレッドスムージーでダイエット成功しました!マイナス3㎏(一カ月)


ダイエット中は栄養が偏り、便秘気味の為試した所、便秘は解消され、スムージーを食前に飲むと食事の量が減りました。特に夕食前に飲むと早く効果が出た気がします。スムージーを飲んでいる間、運動もしてみましたら、1ヶ月で3キロ減りました。スムージーを飲んだ後は食事もしていました。
運動をせず、スムージーと少なめの食事でダイエットした時は緩やかに減っていきました。色々なスムージーを試してみましたが、私はすっきりレッドスムージーが一番美味しく、飽きずに飲む事が出来ました。スムージーにチアシードを足して飲むと、腹持ちも良く、便秘解消になりました。チアシードも栄養が豊富な様です。

30代女性

青汁より全然飲みやすくて長く続けられます。


とにかく飲みやすいです!青汁を今まで飲んでいたのでなおさらかもしれないですが青汁からこっちのすっきりレッドスムージーに乗り換えちゃいましたwww栄養素も十分にあるのでこのまま続けていきダイエットとお肌の調子をキープしていければと思います。

40代女性

一カ月でマイナス7㎏は人生初です。


夕飯をすっきりレッドスムージーに置き換えるダイエットをしていました。選んだ理由は安くておいしそうだから、前から気になっていた酵素が入っているから、という単純な理由でしたがそれなりに効果はありました。よくこういう置き換え系のダイエットは栄養が不足しがちになってしまうのか、肌荒れを起こすことが多かったのですがこの商品に限っては目立ってそういうトラブルは起きませんでした。合成着色料や保存料が使用されていないのもいいなと思ったポイントです。また、スムージーの食感に慣れてしまったときや食べ応えのあるものがいいな、というときは少なめの牛乳でとくと濃い味のどろっとしたゼリーのようになって気分転換にもなりました。一ヶ月間置き換えを続けて体重は7キロ落ちました。

40代女性

飲みやすさがとてもいいです。青汁と効果は一緒なのでこちらを飲んでいます。


青汁飲んでる私にはあまり効果がないかなっていう感じです。ですが青汁よりは全然飲みやすいのでこっちに切り替えました。

40代女性

置き換えダイエットで初めて成功しました。これはすごいです。


置き換えダイエットがしんどいですが美しくなる為に頑張っています!効果はあると思います!ただ急激な変化を求めてる人は難しいかなと、少しづつ健康に痩せていくというイメージになりますね。

40代女性

おいしくて健康的になって嬉しいです。


とにかく飲みやすいです!フルーツを強く感じるので青汁を飲むのに抵抗ある人はオススメですね!もともと青汁を飲んでる人で気にしないのでしたらそのままでもいいなかとも思います。

50代女性

お肌の荒れがなくなりました。


すっきりレッドスムージーは飲みやすく美容にもよくてお通じにもいいです。身体の中からしっかり改善してくれる飲み物なので1日の始まりにはいいと思います。こんなに美味しくて美容やダイエットに繋がると思うとお得だなって思います。

50代女性

一杯でお腹が膨れて満腹になりますね。置き換えダイエットに最適です。


飲み始めて一週間たちました。お腹もいっぱいになるし満腹感出るのでいいと思います。とにかくこういうのは継続していくことが大事だと思うので飽きずにやっていきます!毎日この分だけのフルーツを食べることはできないのスムージーとして飲んでたくさんの栄養素を摂取できるのはうれしい限りです。

50代女性

2ヶ月で10キロも落ちて20代の時の体重になりました!


すっきりレッドスムージーを毎日欠かさず飲んでいたら、10キロ痩せることができました。普通は10キロ減なんて大変ですが、すっきりレッドスムージーをただ夕食代わりに飲んでいただけだったので余裕でした。今までダイエットのために必死で運動や食事制限をしていたのは何だったのだろうという感じです

20代女性

毎日美味しくのめてそれでいてダイエット効果があるのがすごいです!


私はダイエットをすると必ずと言って良いほど肌が荒れてしまい困っていました。肌荒れせずに痩せる方法はないのかと色々調べていたら、すっきりレッドスムージーに辿り着きました。飲んでみると日を追うごとに痩せていくのに、肌荒れが起こらなくてびっくり。むしろ肌の調子が良くなってきています。

20代女性

置き換えダイエットとすっきりレッドスムージーで服のサイズが一つ小さくなりました。


友達と買い物に行った時に、自分だけ入るサイズがなくて恥ずかしい思いをしました。もう二度と恥ずかしい思いをしたくなくてダイエットを決意。評判の良いすっきりレッドスムージーを始めました。すると徐々に痩せてきて、Mサイズの服が着られるようになりました。今は好きな服を着ることができて嬉しいです。

20代女性

9㎏減量に成功して大喜びしています。


おかげさまで9キロ痩せました。痩せにくい体質の私が9キロ減だなんて、夢みたいです。それにしても。9キロ痩せると結構見た目が変わるみたいで、久々に会った友人は、私が誰なのか一瞬分からなかったみたいです。デブから卒業できて嬉しくてたまりません。

20代女性

飲みながら運動してるだけでぐんぐん体重減りますね。


ダイエット仲間がすっきりレッドスムージーで痩せられたと言っていたので私も飲むようになりました。飲めばあっと言う間に激ヤセしてモデル体型になれると思っていましたが、たった2キロしか痩せませんでした。

すっきりレッドスムージー口コミまとめ

置き換えダイエットをすることで健康的に短期間で大きく減量に成功している人が多いですね。
置き換えダイエットの成功への道は間食をしないことなのですが、すっきりレッドスムージーはお腹が満腹になるので、間食をしないで済んでいる人が多いようですね。

それと便秘解消効果も口コミで多数見られました。
乳酸菌や食物繊維が多く含まれているのでお通じがよくなるということですね。

悪い口コミもそこまで見られなかったのでダイエットに向いているドリンクだと思います。


⇧⇧⇧
最安値で購入したい方はこちら


すっきりレッドスムージー成分について

難消化性デキストリン

デキストリンとは、数個のα-グルコースがグリコシド結合※1によって重合※2した物質の総称で、デンプンの1種なのです。
難消化性デキストリンとは、読んで字のごとく「消化しにくいデキストリン」というわけですが、どういうものでしょう?
まず、トウモロコシのデンプンを培焼し、アミラーゼ(食物として摂取したデンプンを消化する酵素)で加水分解します。その中の難消化性成分を取り出して調製した水溶性の食物繊維が難消化性デキストリンです。
日本人の食生活が欧米化し、食物繊維の役割が重視されるようになったため、不足しがちな食物繊維を補う目的で作られました。低粘性・低甘味で水溶液はほぼ透明、耐熱性・耐酸性に優れている食品素材です。
ミネラルの吸収が阻害されないため、さまざまな食品に応用されています。

アカシア食物繊維

コチラは天然の”アカシアの樹液”から採取した原料粉末でできておりアカシアファイバーがお腹の中でゆっくり発酵してくれ健全なお腹の環境を作ってくれるそうです。
そして有機なので農薬を使わず遺伝子組み換えでない100%天然の食物が原料なので安心して使えるのも嬉しいところです。
・野菜不足
・毎朝スッキリしたい!
・食物繊維をとりたい
・安心できる有機タイプがいい

還元麦芽糖水飴

マルチトールはジャム・マーマレードに使うと素晴らしい特性を持ったシロップです。

摂取カロリーが少ない
マルチトールは小腸で吸収されにくいため、砂糖に比べて食後の急激な血中濃度の上昇が起きにくく、日本のカロリー計算では砂糖の半分の2kcalと計算されることになっています。(米国ではマルチトールのカロリーは4kcal/gと砂糖と同等としており、各国まちまちです)したがって、糖尿病患者にとっては摂取しやすい糖分で、糖尿病患者向けにマルチトールを使ったジャムが販売されています。

水分活性を抑え保存性を高める
水分活性を抑えて保存性を高める効果も砂糖並みで、果実の味に影響を与えないことから、果実の味もストレートに表現されるなど、砂糖の代替としては申し分のないスペックです。また、日本では添加物ではなく食品として扱われており、安心感があります。

非常に安定
性質が非常に安定しており、ジャム・マーマレードに使うと果汁中の成分と結びついて黒ずんでくるというようなことがなく、いつまでも明るい鮮やかな色を保ちます。

味・香りを妨げない
砂糖と甘味曲線が近く、後味の良い甘さですが、個性の強い味・色・香りを持っていないため、果実の味・色・香りがストレートに表現できます。

グルコマンナン

グルコマンナンとは、こんにゃくの主成分で、別名「こんにゃくマンナン」と呼ばれています。グルコマンナンは、こんにゃく芋に含まれるグルコースマンノースからなる多糖の成分で、人間の消化酵素では消化することのできない食物繊維のことです。
グルコマンナンは水溶性ですが、こんにゃくが作られる過程で非水溶性となります。非水溶性になると、グルコマンナンは体内で消化されず、その優れた繊維質の成分から、そのまま大腸を通過することで大腸を刺激し、便通を良くすることから便秘に効くと言われています。また、腸内の掃除をすることになるため、基礎代謝も上げることができます。ノーカロリーであることからダイエットに効果的とも言われています。
その他、脂質や糖、塩分等の吸収を妨げると同時に、血糖値や血中コレステロールを低下させる働きがあるため、高血圧や糖尿病にも非常に効果的です。
更に、一緒に食べたものも、胃の中で包み込む働きがあるため、それを体内で消化吸収させないことで、過剰なエネルギーの摂取を抑えると同時に、糖尿病や高脂血症を予防する効果があります。また、胃の中での滞在時間が長いため、血糖値の急激な上昇を抑えることができ、インシュリンの分泌が抑制され、ダイエットにもつながるのです。
また、水を吸収しやすいため、胃の中で、寒天をしのぐほどの膨張率で満腹感を与える働きもあります。
なお、こんにゃくを直接摂取するよりも、ゼリーやドリンクに配合されたグルコマンナンを食事の1時間前に摂取することで更に効果が上がります。空腹で困った時は、上手にグルコマンナン配合の機能食品やサプリメントを利用すると食べ過ぎを避けられます。

 クランベリー果汁粉末

デキストリン、クランベリー果汁

フルーツ野菜エキス粉末

ぶどう、トマト、人参、ビルベリー、茶葉、グレープフルーツ、小麦麦芽、パパイヤ、パイナップル、イチゴ、リンゴ、アプリコット、さくらんぼ、オレンジ、ブラックカラント、ブロッコリー、キャベツ、玉ねぎ、にんにく、オリーブ、きゅうり、アスパラガス

植物発酵エキス粉末

デキストリン、黒砂糖、麦芽糖、その他

野草発酵エキスパウダー

デキストリン、野草発酵エキス(オリゴ糖、砂糖、てんさい糖、ヨモギ、その他)

植物発酵エキス末

難消化性デキストリン、植物発酵エキス(黒糖、リンゴ、玄米麹、その他

植物発酵物粉末

マルトデキストリン、植物発酵物

赤ショウガエキス

冷えは万病のもと!と言われるほど、 カラダが冷えると、血管が収縮して、血流が悪くなります。 内臓が冷え血流が悪くなると、栄養が運ばれなくなったり、カラダの中に不必要なモノが溜まったり。 すると、いらない脂肪がドンドンと溜まり、 また、カラダが冷えてしまっているので、脂肪はいつまでたっても燃焼されずに増え続けるばかりです。
そう、ダイエットターさんにとって『冷え』は大敵です!
そんな、冷えきったカラダをポカポカと温め、燃焼力をサポートするには、 飲む生姜でカラダを美味しくポカポカにしてくれます。
冷え性となかなか痩せられない。赤生姜でカラダの中から温めて燃焼力をつけて代謝をアップ! 温めアイテムの赤生姜で冷えとってくれます。

乳酸菌

もっとも知られている乳酸菌の効果といえば便通の改善や促進効果ではないでしょうか。
大腸内の腸内細菌叢(腸内フローラ)で善玉菌(ビフィズス菌や乳酸菌)が優勢になると、これらの善玉菌が作り出す有機酸(乳酸や酢酸)によって腸内は弱酸性に保たれます。
この酸が大腸の内壁を刺激して腸のぜん動運動が活発になり、スムーズな排便につながるという仕組みなのです。

バジルシード/クエン酸

スイートバジルシードの原産国はタイランド。
雨の少ないその気候からスイートバジルシードは水を含むと膨張し、
水分を種子内に保つ仕組みがあるのです。
タイ産のスイートバジルシードはバジルの中でもダントツ、30倍に膨張します。
腸や胃の消化器官では、吸収されず、水を含んだゼラチン状の皮が、腸壁にこびりついた排泄物を取り込みながら、体外へ排出します。
溜まった老廃物も一緒にかき出してくれるのでキレイな体づくりもお手伝いします。
食物繊維をたっぷり含んでいるので、1日わずか9g(1日の摂取量目安)の摂取で食べ過ぎをセーブでき、少ない量で満腹感が得られます。
これで我慢のダイエットとはおさらば!
わずか10gでレタス2個分の食物繊維を含むスイートバジルシード。さらに
噛んで食べると脂肪が付きにくくなるα-リノレン酸も豊富。体内でDHAや
EPAに変化して身体を健康にします。

ビタミンC

ビタミンCは水溶性のビタミンであり、野菜や果物に多く含まれます。血管・皮膚・粘膜・骨に必要となるコラーゲンの生成を助けて、肌トラブルを予防する作用や、鉄分の吸収を高めたり、傷の治りを早めたりする作用があります。
また、多量に摂取することで、免疫力が高まり、強い抗酸化作用と合わせて、風邪や感染症の予防・生活習慣病の予防の効果が期待されています。

ナイアシン

ナイアシンはビタミンB群のひとつであり、糖質や脂質といった栄養素を、生体活動を行なうためのエネルギーへと変換するために必要な栄養素となっています。
他にもアルコールを分解する作用や、皮膚や粘膜の健康維持、脳神経の保全など、多くの働きを持っており、人間の体になくてはならないビタミンです。
カロリーを生み出す体内機能の一部となっていることから、ダイエットとも関わりが深く、美しく健康的に痩せるなら、知っておくべき栄養素です。

ビタミンE

ビタミンEは不妊症の研究がきっかけで発見されたビタミンです。
ビタミンは大別すると水に溶ける水溶性のビタミンと、脂に溶ける脂溶性のビタミンが存在します。水溶性のビタミンの代表はビタミンC。一方脂溶性のビタミンの代表がビタミンEです。

パントテン酸カルシウム

パントテン酸カルシウムとは、ビタミンB群の一種であるパントテン酸とカルシウムが結合した物質です。その多くは、薬(皮膚炎や脂質代謝障害、高コレステロール血症を改善する薬、消耗性疾患や妊産婦、授乳婦など,パントテン酸を多く必要とする場合に処方される薬)やサプリメント、健康食品、飲料、食品添加物、飼料添加物、化粧品用原料等に成分として含有されています。

シクロデキストリン

お茶や各種エキスの苦味の抑制 (苦味物質のマスキング)
ミカンの缶詰め (水に溶けない物質を可溶化)
紅茶の白濁抑制(ミルクダウン抑制)

ビタミンB1

ビタミンB1は糖質をエネルギーにかえるサポートをする栄養素です。日本人は米が主食で糖質を多くとることから、ビタミンB1の消費量が多くなります。不足するとさまざまな不調があらわれるので、普段から意識して補うべき栄養素です。

ビタミンB6

ビタミンB6は、水に溶けやすい「水溶性ビタミン」に分類される「ビタミンB群」の一つ。
三大栄養素の中の脂質とたんぱく質からエネルギーを作り出しており、特にたんぱく質の代謝と深い関わりのある栄養素です。
たんぱく質は多数のアミノ酸が結合したものなのでそのままだと分子が大きすぎて体内に吸収されず、いったん分解してから再合成することで、たんぱく質としての力を発揮することができます。
そこで必要となるのがビタミンB6です。
ビタミンB6は、「たんぱく質を分解してアミノ酸にする酵素」、そして、「アミノ酸を体内で利用しやすい形に合成する補酵素」としてたんぱく質の働きをサポートしています。
体内で使われずに余ったアミノ酸をエネルギーへと変える際にも、ビタミンB6が使われます。
このように、たんぱく質とビタミンB6は切っても切り離せない関係にあり、たんぱく質の摂取量が多ければ、それに応じてビタミンB6の摂取量も増やさなければいけません。
体を鍛えるためにたんぱく質(プロテイン)を多く摂っている人は、ビタミンB6も同じように摂取することが大切です。
さらに、ビタミンB6は女性ホルモンとも関わっています。
女性は月経前になると血液中のビタミンB6濃度が低下し、そのことが、頭痛や腰痛、イライラ感、吐き気などを伴う月経前症候群(PMS)を引き起こす一因と言われています。
また、妊娠中のつわりとも関係していることが分かっています。
ピルを服用している場合もビタミンB6が必要となるので、女性にとっては非常に重要なビタミンなのです。

ビタミンA

視力の維持
「目のビタミン」と呼ばれ、視覚・視力に関係します。不足すると暗闇での目の順応低下や、色を見る力が弱くなります。

乾燥肌の予防
皮膚の発育を正常に保つ効果があります。お肌のかさつきが気になったときはビタミンAの補給を忘れずに。
⇒冬の乾燥から守る!肌バリア機能を高めてくれる食べ物

免疫力アップ・風邪予防
粘膜を丈夫にし、ウイルスの侵入をブロックします。風邪だけでなく、病気全般の予防に役立ちます。

老化予防
優れた抗酸化作用で、老化の原因となる活性酸素を除去します。

ビタミンB2

脂質の代謝を助ける
ビタミンB2は、脂質がエネルギーとして燃やす時に大切な役割をします。特にダイエット中はしっかり摂りたい栄養素です。

肌荒れや髪のトラブルの改善
皮膚・髪・爪などの細胞の再生に働き、肌荒れなどのトラブルを解消してくれます。また、ビタミンB2には粘膜を保護する働きがあるため、口角炎や口内炎などの予防にも効果的です。

疲れ目、涙目の改善
細胞の再生・粘膜の保護作用により、目の充血や疲れ目、涙目などを改善してくれます。
⇒パソコン・スマホでの「目の疲れ」対策!疲れ目に必要な栄養分とは

生活習慣病の予防
動脈硬化などの血行障害を起こす過酸化脂質を分解する働きがあります。

成長ホルモンの合成
成長期の子供には特に必要で、不足すると成長障害が起こることもあります。

葉酸、ビタミンD

ビタミンDは脂溶性ビタミンの一つで、キノコ類などの植物由来のビタミンD2(エルゴカルシフェロール)と魚介類や卵などの動物由来のビタミンD3(コレカルシフェロール)があります。主にカルシウムとリンの吸収を促進し、骨をつくり、丈夫にすることが知られていますが、近年、細胞の増殖(細胞が増えること)や分化(新たな役割をもつこと)にも深く関わっていることがわかってきたことから、妊娠や出産時のビタミンDの働きについても注目されるようになってきました。

ビタミンB12

ビタミンB12はコバルトを含むビタミンの総称で、ヒドロキソコバラミン、アデノシルコバラミン、メチルコバラミン、シアノコバラミン、スルフィトコバラミンがあります。抗悪性貧血因子として牛の肝臓中に発見されたビタミンで  、微生物以外では合成されないため、植物性食品にはほとんど含まれません  。体内では、メチルコバラミンとアデノシルコバラミンが、アミノ酸や脂質などの代謝の補酵素として働いており、不足すると悪性貧血や神経障害などが起こることが知られています  。
(一部に乳成分、小麦、リンゴ、オレンジ、バナナ、モモ、キウイフルーツ、大豆、やまいもを含む)