ダイエット効果があると話題のMCTオイル。今回はそんなMCTオイルについて、効果的な飲み方や、1日の摂取量、どうしてダイエットに効果的なのかなど、みなさんが気になっていることをまとめてご紹介したいと思います。

  • MCTオイルってどんなオイル?
  • MCTオイルの効果的な飲み方は
  • 副作用はないの?

など実際にダイエットを行った経験や、ネット上の口コミもご紹介いたします!

 

MCTオイルのダイエット効果とは

このページをご覧の皆様はきっとMCTオイルのダイエット効果に関して気になっているのではないかと思いますので、まずはMCTオイルとはどんなオイルなのか、そして気になるダイエット効果について説明していきます。

MCTオイル

MCTオイルってどんなオイルなの?

MCTオイルとは中鎖脂肪酸と呼ばれる、ココナッツなどのヤシ科の植物、母乳などに含まれる天然成分を100%使用したオイルのことを指します。

以前、ダイエットや美容に良いと話題になったココナッツオイルにはこの中鎖脂肪酸が約60%含まれており、そのダイエット効果をより期待するには中鎖脂肪酸100%のMCTオイルが良いとされています。

中鎖脂肪酸は一般的な他の脂肪よりも、消化・吸収に優れており、約4倍も早くエネルギーになる特徴があり、一般的なオイルよりも身体の脂肪になりづらいという特徴があります。

脂肪酸には中鎖脂肪酸の他にも、オリーブオイルやラードなど他の油脂に含まれる長鎖脂肪酸などがあります。

その名の通り、中鎖脂肪酸は長鎖脂肪酸に比べ、分子量が少ないため、小腸から吸収され肝臓で直接分解されるのですが、長鎖脂肪酸は分子量が大きくそのままでは分解ができない為、脂肪組織や筋肉、そして肝臓に貯蔵され、必要に応じてエネルギーとして使われます。

より詳しい脂肪酸の分類などについてはこちらにも紹介されています。

⇒日清中鎖脂肪酸サロン

 

MCTオイルがダイエットに良いと言われる訳

中鎖脂肪酸が一般的なオイルに比べ、エネルギー変換が素早く体脂肪に変わりづらいというのはわかりましたが、ではなぜそんなMCTオイルがダイエットに効果的とされるかを説明します。

ある実験結果では、15gのMCTオイルを約12週間摂取した約5kgも体脂肪率が落ちたとの結果もあるそうです。

なぜ、MCTオイルを摂るだけで、身体に溜まった脂肪までも落とすことができるのかというと、それは、MCTオイルが身体を脂肪が燃焼するモードに変えてくれるという効果があるからなんです!

脂肪を落とすには脂肪!ダイエット的オイルクレンジング効果

みなさんも化粧を落とす時にはオイルクレンジングを使用しますよね。水性の洗顔料だけではなく、油分の含まれた化粧品を落とすには、オイルクレンジングが必要なんです。

MCTオイルのダイエット効果はこのオイルクレンジングを想像してもらえばわかりやすいと思います。

脂質は高カロリーな為、ダイエットを意識する女性には敬遠されがちですが、脂質は体内でホルモンを作り出したり、代謝に関わったりと身体にとって非常に重要な働きをしています。

脂質の摂取を極端に少なくすれば、ダイエットに悪影響なばかりか、肌の潤いを失ったり、身体の様々なところに不調をきたしてしまいます。

 

通常では人間の身体はエネルギーを作り出すのに、吸収・分解が容易な糖分から先に使用していきます。

ダイエットで食事制限を行っても、身体の体脂肪がなかなかなくならないのはこのためで、人間の身体は食事から摂った糖分などをエネルギーに変換し、身体にため込んだ脂肪は分解が難しいためなかなか使用されることはありません

 

そこでMCTオイルの出番です。

 

最初に説明したとおり、MCTオイルは通常のオイルに比べ、消化・吸収・分解が容易なので、すぐにエネルギーに変換されます。

そうすると、身体は糖質からのエネルギーを利用するよりも、脂質を分解してエネルギーに変えるようになっていきます

 

人間の身体にはもともと脂肪を分解してエネルギーにする機能が備わっているのですが、普段の生活で炭水化物や糖質を多く摂っていると脂肪がエネルギーとして使われる機会が減っていきます。

脂肪がエネルギーとして使われる機会が減っていくと、もともと備わっていた脂肪をエネルギーに変える能力がどんどん下がっていってしまいます。そうなってしまうことで脂肪を貯めこみやすい身体になってしまうのですが、そこでMCTオイルを摂取して脂質をエネルギーに変換する身体の機能を刺激してあげることで、身体は積極的に脂肪をエネルギーとして燃やし始めるということなんです。

MCTオイルを飲んで脂肪を燃焼させるということはオイルを飲んで身体の脂肪を落とす、ダイエット的オイルクレンジング効果だと言えます。

 

炭水化物抜きダイエットとMCTオイル

ちなみに、炭水化物抜きダイエット(ケトン体ダイエット)と言われるダイエットも原理は同じです。

炭水化物を抜くことで、摂取する糖質を抑え、身体が脂肪をエネルギーに変換する能力を高めることで、体脂肪を減らしていくダイエット方法です。

ただし、炭水化物抜きダイエットはストイックに食事制限をする必要がありますので、続けるにはそれなりの努力が必要になってきます。

その点、MCTオイルは飲むだけで脂肪を燃焼しやすい身体に変えてくれるという意味では、手軽に始められるのでオススメです。

 

MCTオイルの効果的な飲み方は

MCTオイルが身体の脂肪を燃焼させてくれる効果があることを説明しましたが、ではMCTオイルはどの様に使ったら最もダイエットに効果があるかを説明します。

MCTオイルは置き換えダイエットに最適

MCTオイルがいくら脂肪燃焼効果があるとはいっても、脂質自体のカロリーが高いため、食生活を変えないままMCTオイルだけをたくさん飲んでたのではカロリー過多になってしまい、身体の脂肪は燃えていきません。

MCTオイルでのダイエット効果を最大限引き出すためには、1日の摂取カロリーを抑えていく必要があります。

ダイエットの基本は消費カロリー≧摂取カロリー】ですから、それを守りつつ普段の食生活にMCTオイルを取り入れることで体脂肪を減らしていくことが可能になります。

その為に、一番効率の良い方法が朝食の置き換えダイエットです。

 

朝起きた時というのは、眠っている間に、身体の中の糖質がエネルギーとして使いきられ、身体がエネルギーを求めている状態です。

朝食にパンやご飯などの炭水化物を食べると、糖質が素早くエネルギーに変換され、身体を動かす力になるのですが、その朝食にMCTオイルを取り入れることで身体が求めているエレルギーを脂質から補い、脂肪燃焼モードに切り替えることができるのです。

朝食をMCTオイルの含まれたドリンクに置き換えを行うことで、糖質が消費されエネルギー不足の身体が、どんどん脂質を燃やしてエネルギーに変えてくれるというわけです。

ダイエットの為に朝食を抜いているという方もいると思いますが、朝食を抜いてしまうと、日中頭が回らなかったり、エネルギー不足で逆に代謝が落ちてしまうなど、良いことはありません。

 

空腹時のときこそ、脂肪燃焼のチャンスですので、MCTオイルを飲んで身体を脂肪燃焼モードにすることをオススメします

 

また、朝食抜きや昼食抜きなどのダイエットはどうしてもお腹が空いてしまいストレスが溜まってしまいますが、MCTオイルを飲むことで空腹を紛らわすことができますので、無駄な間食を減らしたり、食事制限によるストレスを減少させることにも役立ちます。

 

ダイエット中は炭水化物は控えめに

MCTオイルの効果を感じたいなら、ダイエット中は炭水化物を控えめにしましょう。

完全に炭水化物を抜く必要はありませんが、せっかくMCTオイルで身体が脂肪燃焼モードになっていても、炭水化物などの糖質を多く摂ってしまえば、その分、脂肪が燃やされる量が減ってしまいます。炭水化物を抑え、高タンパクな食材や食物繊維が多く含まれる、海藻や野菜を積極的に食べましょう。

 

運動を加えることで脂肪燃焼効果がさらにアップ

炭水化物などの糖質の摂取を抑え、MCTオイルで脂肪燃焼モードになっている状態で、有酸素運動などを行うと効果的に脂肪を燃やすことができます。

みなさんも「有酸素運動は30分後から脂肪が燃え始める」という話を聞いたことはありませんか?

これは身体が脂肪よりも糖質を優先してエネルギーに変えるという話と大きく関係しています。

有酸素運動で脂肪を燃焼させようと思っても、身体の中に糖質が残っていれば、身体は脂肪よりも先に糖質をエネルギーとして使ってしまいます。その為、30分ほど身体を動かして、身体の中の糖質を使い切ったあとから脂肪が燃焼していくというわけです。

 

有酸素運動で脂肪を効果的に減らしたいなら、空腹時などの血糖値が下がっている状態で運動するのが効果的で、

さらに、MCTオイルを飲むことで、「有酸素運動で最初から脂肪を燃やす」ことが可能になります。

空腹時にMCTオイルと糖分の含まれていないドリンクを飲んで運動することで、最初から身体の脂肪を燃やしてくれるようになります。

 

肥満の解消の為に、散歩やランニングをする場合、空腹時など30分前くらいにドリンクを飲んでから行うと最も効果的です。

 

MCTオイルの1日の摂取量と摂取タイミングは

ここまでMCTオイルがダイエットに効果的な理由を説明いたしましたが、ダイエット効果を実感するために必要な摂取量や摂取タイミングをご紹介します。

効果的な一日の摂取量は?

脂肪を燃焼させてくれると言ってもMCTオイルは油ですので、それ自体は高カロリーになります。

摂取カロリーが多くなりすぎないようにきちんと計算して普段の食生活に取り入れましょう。

また、過剰に摂取することで脂肪燃焼が進むというわけではありません。過剰摂取によって、下痢や吐き気、腹痛などが表れる場合もあるので注意が必要です。

 

それでは一日の摂取量ですが、

以前TBSで放送された、ダイエット総選挙2017夏の陣では、毎食20mlのMCTオイルを、そして就寝前に10mlの一日70mlを摂取していましたが、一般的にこの摂取量は過剰であると思います。

番組の注意書きにも、「医師の監修」の元で行われていたことが書かれており、食事内容もオイル以外からのカロリーを極端に抑えた食事内容となっていますので、一般の方が真似するのは大変危険であるとも言えます。※この摂取量は身体を脂肪燃焼モードに切り替えるために一週間のみとなっており、二週目以降は1日30mlの摂取量となっている点も注意が必要です。

一般的に、朝食の置き換えダイエットや炭水化物を控えめにして、MCTオイルを取り入れる場合、朝晩で大さじ一杯(15ml)程度を目安に摂取することをオススメします。

何度もいいますが、たくさん飲んだからといって脂肪燃焼が増える訳ではありません。体脂肪を減らしたい場合、オイルの量を増やすよりも、炭水化物の摂取を減らして、空腹時に運動などで身体を動かすことを意識しましょう。

 

効果的な摂取タイミングは?

ダイエットに効果的な摂取タイミングは空腹時です。空腹時にMCTオイルを摂取することで脂肪がエネルギーに変わる効率が良くなります。

就寝中に糖質を使い切ってエネルギーが足りていない朝食時などがオススメです。

 

ただし、脂肪燃焼効果だけを考えれば、摂取タイミングを気にするよりも毎日の食事内容を、炭水化物などの糖分を少なめにしてMCTオイルでカロリーを補うこと意識することが大切です。

糖質が少ない食事にMCTオイルを取り入れることで脂肪燃焼効果がさらに期待できます。

朝食をMCTオイル入りのドリンクに置き換え、夕食時はご飯を少なめにして、サラダにMCTオイルをかけて食べるなど、普段の食生活の中で無理の無いように取り入れていきましょう。

MCTオイルコーヒー

MCTオイルで最も効果を出すには

MCTオイルで一番簡単にダイエット効果を感じるには、朝食の置き換えダイエットです。

コーヒーにMCTオイルを入れた完全無欠コーヒーが話題になりましたが、空腹時に中鎖脂肪酸が摂取できる点、手軽に続けることができる点、無理なく摂取カロリーが抑えられる点でも朝食の置き換えはダイエットにとても効果的です。

また、コーヒーだけではなく、SNSなどではモデルや芸能人が、スムージーや青汁にMCTオイルを混ぜ朝食代わりにしていることもあります。

 

そして、最近では、MCTオイルと相性がバツグンと言われている、チラコイドという成分が注目されています

チラコイドはアメリカやスウェーデンでダイエット効果の高さから大人気になっている話題の成分なのですが、美容家やモデルなど美意識の高い方々を中心に日本でも人気になりつつあります。

MCTオイルダイエットを始める時は、チラコイドも同時に摂取することでダイエットのストレスが大幅に減少されるのでオススメです。

チラコイドに関しての詳しい情報はコチラ

チラリッカを最安値で購入する方法!チラコイドの驚くべき効果とは?口コミと効果のご紹介!!

 

 

MCTオイルの副作用や注意点は

ダイエットに非常に効果的なMCTオイルですが、副作用や注意点もありますのでご紹介いたします。

MCTオイルでダイエットをする際の注意点

MCTオイルは一般的な油のように加熱して使うことはできません。約150℃で煙や泡立ちが起こります。揚げ物などには使用できませんので注意しましょう。

サラダのドレッシングとして使ったり、調理済みの食材にかけるなど、加熱しないようにしましょう。

また、MCTオイルはサラサラで無味無臭ですので、コーヒーやスムージーなどのダイエットドリンクに入れても飲みやすいです。

MCTオイルは酸化しづらい?開封後の賞味期限

オイルを摂取する上で気をつけたいのは賞味期限です。酸化したオイルはアレルギーの原因や肥満の原因になるなど、身体への悪影響が非常に強くなります。

不飽和脂肪酸が多く含まれることで有名な、えごまオイルやあまに油などは酸化しやすいオイルとして有名ですが、MCTオイルはどうなんでしょうか。

調べたところによるとMCTオイルは成分が非常に安定しており、酸化しづらいオイルの様です。

その為、だいたいの商品では開封前で3年ほどの賞味期限があります。また、開封後も常温での保存が可能ですが、開封後は1カ月から2カ月を目安に使い切った方が良さそうです。

容量が多く、消費するのに2カ月以上かかりそうな場合は冷蔵庫に保存し、どちらの場合も日光が直接あたるような場所は避けた方が良いでしょう。

MCTオイルで気をつけたい副作用

過剰摂取などを除いて副作用はあまりないようですが、報告されているいくつかの副作用は以下になります。

  1. 下痢、腹痛
  2. アレルギー反応
  3. 吐き気、むかつき
  4. 一型糖尿病患者・高血糖値の方

まずは下痢、腹痛ですが、これは過剰摂取において表れやすい症状です。ただし、体質的に合わない人もいますので、初めて飲む場合などには少量から初めて徐々に量を増やしていくようにしましょう。ダイエットの為だからとオイルを飲みすぎないようにしましょう。

また、アレルギーに関しては天然由来の成分ですので完全には防げないことですが、特に不純物の多い低純度のオイルを摂取した場合に多い様です。こちらも少量から試して自分の身体に合っているかを確かめながら摂取するようにしましょう。

MCTオイルを始めて購入する場合は、少量のボトルで試してみるのがオススメです。

 

そして副作用として特に気をつけたいのが、3,4です。

吐き気の場合、胃腸の弱さからくる拒絶反応の場合もありますが、ケトアシドーシスという危険な状態である場合もあります。

ケトアシドーシスとは、血中のケトン体(脂肪分解で生成される)が過剰になり高血糖と同様の状態になることを指します。

もともと糖尿病であったり高血糖な方は特に注意が必要です。ひどい場合、意識障害昏睡などを引き起こす場合もあります。また、過度の糖質制限やMCTオイルの過剰摂取でも同様の症状が出る場合があります。過度な摂取は控え、医師にかかっている場合などはあらかじめ相談してから摂取することをオススメします。

また不調を感じた際には無理に継続せずに、摂取を中止して医師に相談するなどしましょう。

 

いかがでしたでしょうか。

ダイエット効果の高いMCTオイルをご紹介いたしましたが、ダイエットの基本は正しい食生活と運動です。MCTオイルで脂肪燃焼を促進することができても、カロリー過多や栄養バランスの悪い食事を続けていてはその効果を感じることは難しいでしょう。

適度な運動と栄養管理の上、MCTオイルを取り入れスタイルアップを目指して下さい。