黒木瞳さんと言えば今現在50半ばにしてあの美貌の持ち主ですが果たしてどのようにしてあのようなスタイルと肌のツヤをキープしているのでしょうか?

50代でこれほど美しい人はあまり少ないと思います。どのようなダイエット方法であったり美肌のケアをしているのでしょうか?

様々なネットの情報を元に当サイトでまとめてみましたのでご覧ください。

 

黒木瞳プロフィール

芸名:黒木瞳(くろきひとみ)

本名:伊知地昭子(いちじしょうこ)

旧姓:江上(えがみ)

愛称:ショーコ

生年月日:1960年10月5日

年齢:54歳(2014年)

身長:163㎝

血液型:A型

家族:娘(1人)、ペット(犬、猫、亀)

出身地:福岡県黒木町(八女市)出身

学歴:黒木小学校、八女高等学校出身

職業:女優、タレント、歌手、元宝塚歌劇団・月組・トップ娘役、67期生

所属事務所:グランパパプロダクション→オフィス稲垣→ポエムカンパニーリミテッド所属

夫は電通の社員です。

黒木 瞳は、日本の女優、タレント、歌手、映画監督。元宝塚歌劇団月組トップ娘役。 戸籍名、伊知地 昭子、旧姓、江上。福岡県八女市出身。所属事務所は2011年10月11日よりポエムカンパニーリミテッド。 芸名は出身の黒木町に因んで、同郷にあたる五木寛之が命名した。

黒木瞳の美肌維持の方法

スタイルもさることながら美しい肌ですよね。今の液晶テレビは映りがとてもいいので肌荒れがすごい有名人などはすぐに見抜かれてしまいますがそれでも黒木瞳さんはとても肌がきれいです。果たしてどのようなスキンケアをしているのでしょうか?

洗顔は使わずぬるま湯で顔を洗う

むむむ??洗顔を使わないの?そう思いますよね?しかしこれにはしっかりした理由があるのです。

基本みなさんは洗顔クリームなどを使いゴシゴシ洗顔していると思います。それで十分に肌の汚れをしっかり落としてくれますよね。

しかしながら洗い方一つでキレイになっていても肌に大事なものまで同時に落としてしまうことがあるのです。

全てを洗い流された肌は乾燥に繋がり逆に肌が荒れるということがあるのです。

ですので洗顔をした後はすかさずそのまま化粧水などでお肌に水分を十分与える作業が必要になります。

黒木瞳さんの場合は洗顔クリームは使わずにぬるま湯でゆっくりお肌を洗っているようですね。

そうすることにより水分もお肌に浸透させて汚れだけを落とすようにしているようです。

意外過ぎる内容にびっくりしますよね。

理屈はあっているかと思いますがさすがに水だけでの洗顔は怖いですよね。

ただそれにお肌が慣れてしまえば免疫がしっかりできて肌荒れがしづらい肌になるかもしれませんね。

黒木瞳のスタイル(ダイエット)維持の方法

スタイル抜群の黒木瞳さんですが果たしてどのようなダイエット法を用いているのでしょうか?

毎朝体重計に乗る

毎朝同じ時間に体重を測り1キロ増えたらその日のウチに1キロ戻す。妊娠中以外、20代から5キロ以上太ったことはないようです。

時間を見つけてはタップダンス教室に通っているそうです。

アクアエアロビクス

アクアエアロビクスは、40代以上にお薦め。
水の中は浮力があるので身体に負担がかからない。
週1回1時間のマンツーマンレッスンを続けていると明らかに筋肉量が増し、体内脂肪が減って代謝が上がっていることが数字でわかるそうです。

毎日納豆を食べる

納豆に関しては有名人のダイエット法でよく出てくる食べ物ではありますがこれは美容にも効果がいいものですので毎日とまでは言わないですが食べることで身体全体にいいのは間違いなさそうですね。

とにかく常に自分の体系を見る

宝塚などでスタイル維持は必須だったのか常に自分の体型を鏡でチェックするようですね。
ストイックでないとそこまでするのは大変なことだと思います。

しかし自分を鏡でみることは非常に大事な心理的要素が多く入っています。

毎日顔は鏡でみますよね?ですから顔の化粧は怠りませんよね?

それも同じくらい体系を意識したら化粧と同じようにどうにかキレイになりたいと思う作用が働くのです。

ですので常に自分を鏡で映してどうありたいのかを確認する作業はとても大事なことなのです。

黒木瞳ダイエット・美容まとめ

いかがだったでしょうか?予想以上にお金をかけていないやり方でしたよね。むしろ洗顔をしないというのにびっくりですよね。

ここ最近は洗顔も進化しているのですがその分肌に抵抗力が薄れてしまっているかもしれません。ですので黒木瞳さんのようにぬるま湯で顔を洗うというのも肌自身に抵抗力が出来るのかもしれないですね。

体系維持に関しても自分の体型や体重を常に見続けて太ってしまった分に関してはその日のウチに体系を戻すというのはすごいですね。

それを続けてやっていくことで習慣になっていき当たり前のように出来るのかもしれません。

習慣でやり続けることの大事さを学んだ気がしますね。

あまり多めの情報量がなかったので申し訳ないのですが新しい情報が入り次第また更新させて頂きますね。