プチプラなのに効果があると大人気の毛穴撫子を実際に使ってみた結果を画像付きでご紹介致します!

 

毛穴撫子の詳しい商品説明や口コミはこちらの記事をご覧ください。

毛穴撫子は効果がない?気になる毛穴への効果と口コミを徹底検証!

 

毛穴撫子を実際に購入してみました

SNSや口コミで大人気の毛穴撫子を実際に購入して使ってみました。

調べてみたところ、どちらで購入しても値段は変わらないようだったので、今回はamazonで購入しました。

amazonプライムの対象商品だったので翌日の朝には届きました。

価格も800円(税抜き)ですのでお手頃価格です。

毛穴撫子のパッケージ

このキャラクター、LOFTなどの販売店でも目にしたことがある人も多いのではないでしょうか。

キャラクターに名前がついてるかはわかりませんが、毛穴撫子シリーズの商品パッケージ全てに描かれています。

 

裏面には、効果をわかりやすく絵にしたものが書いてあります。

全身用石けんですが、ひざ、かかと、背中、おしりの角質をゆるめるとのことで、顔に関しては記載がありませんが、その右側にはしっかりと毛穴汚れに関しての説明も書いてあります。

また販売名は「BSつるつる石鹸」と記載されています。毛穴撫子ではないのでしょうか。

 

毛穴撫子の中身は?

それでは早速毛穴撫子のパッケージを開けてみましょう。

 

中身の石鹸はこんな感じです。

石鹸自体にもパッケージのキャラクターが描かれています。

成分表にもある通り、毛穴撫子は石けん素地と重曹だけでできています。

保存料や香料・着色料は使われていませんので封を切っても香りはしません。

鼻を近づけてにおいを嗅いでみると、ほのかに油の臭いが。

これは石けん素地に使われている植物性の油の臭いでしょう。

 

石鹸の裏側はこんな感じで「毛穴撫子」と主張が強めに書かれています。

重量も155gと石鹸にしては少しだけ大き目でしょうか。使いきるまでにはかなり時間が掛かりそうです。

 

毛穴撫子を使ってみよう

さっそく毛穴撫子を使ってみましょう。

純石けんに近い成分でできているので、本当にきちんと泡立つのかが気になります。

 

水に濡らして手のひらで泡立ててみます。

泡立ちはそんなに悪い訳でもありませんが、決して良くもありません。

泡タイプの洗顔フォームなどに比べれば泡の粒が大きくコシもありません。本当に石鹸という感じです。

香料が配合されていないのはお肌にとっては良いことなのかもしれませんが、泡立てると石鹸独自の油臭さが少しだけ気になります。