お酒って太るの?太らないの?お酒を飲みながら痩せる方法は

結論からはっきり言うと、

お酒は太ります!

これは間違いありません。
特に代謝が落ち始める30代以降はお酒の影響で脂肪がたまりやすくなってしまうんです。
今回はそんなダイエットの大敵「お酒」がなぜ脂肪を増やしてしまうのかを

 

  • なぜお酒を飲むと脂肪がつきやすくなってしまうのか
  • お酒を飲みながらでもダイエットできる方法

等の説明を交えてご紹介していきます。

そもそもなんでお酒って太るの?

お酒の飲みすぎが身体に良くないというのは周知の事実ですが、お酒が体脂肪を増やしてしまうメカニズムって知っていますか。

お酒を飲むときおつまみを食べてしまうから?
お酒が入って食欲が増進されるから?

それなら、食事をしないでお酒だけを飲んでれば太らないんじゃないかって思いますよね。
でも、じつはこれは間違え。

お酒の席で食事を控えて、お酒だけ飲んでいても、アルコールは体脂肪を増加させてしまうんです。

じつはお酒のカロリーは脂肪にはならない

「お酒で太る」という話をするとき、

お酒はカロリーが高いからダイエットにはよくない

なんて話をよく聞きませんか?
これは正しい様で間違った考え方です。

お酒に含まれるアルコール自体にカロリーがありますので、お酒は総じて高カロリーな
飲み物とされます。
お酒のカロリーはアルコール度数に比例して増えますので、強いお酒ほどカロリーは高くなります。

強いお酒ほどカロリーが高くなっているのがわかりますよね。

お酒を飲んで太るのはこのカロリーが原因とも思われがちですが
でも、じつはお酒のカロリーはエンプティカロリーと言われ、直接脂肪増加の大きな原因にはならないカロリーなんです。

脂肪にならないエンプティカロリーって

お酒が高カロリーな飲み物だということは先ほど説明いたしましたが、
じつはアルコールのカロリーはたいして脂肪にはなりません。
大げさに言えば、どんなにアルコールでカロリー摂取しても、アルコール自体のカロリーではあまり太らないんです。

※注意 お酒には糖質が多く含まれるものもありますので、糖質が含まれたお酒は飲みすぎるとお酒自体が体脂肪増加の原因になっちゃいますよ。

エンプティカロリーとは「身体の栄養にならないカロリー」という意味で、アルコールで摂取したカロリーは身体に蓄積されることはありません。
お酒を飲むと体温が上がりますよね。血行が良くなり火照った感じになりませんか?
じつはこの体温の上昇に使われているのがエンプティカロリーなんです。
アルコールで摂取したカロリーは、アルコールの代謝などに優先的に使われ、消費されていくので、体脂肪として身体に残ってしまうことはあまりないんです。

お酒で太る原因はアルコールのカロリーではなかった。

先ほど説明した通り、エンプティカロリーと言わるアルコールのカロリーは、体温の上昇などに使われ、身体に残りません。
アルコールが高カロリーな飲み物だと言ってもアルコールのカロリーで大きく体脂肪が増えることはないんです。

じゃあなんでお酒で体脂肪が増えるの?

最初に説明した通りお酒を飲みすぎると体脂肪が増えます。
しかし、ここまでの説明では

 

  • お酒がダイエットに良くないのはおつまみの食べすぎが原因じゃない
    (おつまみを食べなくてもお酒で太ります)
  • でもアルコールのカロリーは身体に残らないから脂肪にはならない

 

とご紹介しました。

じゃあ、おつまみも食べないし、アルコールのカロリーは脂肪にならないになんでお酒で太るの?って思いますよね。それの疑問を一つずつ説明します。

「エンプティーカロリーだから太らない」の落とし穴

エンプティーカロリーと言われる、アルコールのカロリーは優先的に消費され身体の中には残らない、体脂肪増加には繋がらないと説明しましたが、じつはこの「優先的に消費」という部分にお酒で太ってしまう本当の原因があります。

人間は何もしなくとも基礎代謝量で1日約1,500kcalを消費しています。
内臓を動かしたり、体温を維持したり、と常にエネルギーを使い続けているんです。
しかし、アルコールを飲むと、本来は基礎代謝に使われるはずの体内の脂肪などのエネルギーが使われることなく、アルコールで摂取したカロリーから優先的に消費されてしまうんです。

そう、その結果、エンプティカロリー自体は脂肪にならないとしても、脂肪の燃焼や体内のエネルギー消費を抑えてしまうので、結果として体脂肪が増えてしまうんです。

お酒を飲んでホロ酔い気分、少し身体が火照ってきたなーって思ってるときは、本来消費するはずの体内のエネルギーが使われることなく、行き場をなくし体脂肪に変わっているときだと思って下さい。

お酒が太る原因はカロリーだけじゃない

ここまでお酒とカロリーの関係を説明してきましたが、お酒で太るのはカロリーだけが原因ではありません。
お酒を飲んだとき、身体に入ってきたアルコールは肝臓で分解されます。

たくさんお酒を飲んで、肝臓がアルコールを分解するために忙しくなると、糖質や脂質の分解、代謝に手が回らずに、中性脂肪となり血液の中を流れていきます。中性脂肪は
やがて体脂肪として蓄積されてしまうのです。

お酒を飲むこと、アルコールでのカロリー摂取が体脂肪を増やす直接の原因とはなりません。

がしかし、お酒を飲むことで、代謝が落ちたり、肝臓の機能低下したり、本来使われるエネルギーが消費されることなく脂肪に変わってしまいます。

お酒を飲みながら食べるおつまみはダイエットの大敵

ここまで説明した通り、お酒に含まれるアルコールは、本来消費されるはずのエネルギーの消費を抑えつけ、その結果体内で余ってしまってエネルギーはどんどん体脂肪に変わっていきます

ここで、お酒と一緒におつまみを食べすぎてしまった場合、おつまみで摂取したカロリーはどうなるのでしょう。

考えるだけで恐ろしいですよね。
食べたものがすべて体脂肪に変わってしまうなんて…
お酒をよく飲む男性がぽっこりお腹なのは、これが原因だったのです。

お酒を飲みながらダイエットするにはどうしたらいいの?

お酒が体脂肪を増やしてしまう大きな原因であることを説明してきましたが、それでもお酒をやめられない!という方の為に、お酒を飲みながら痩せる方法を紹介していきます。

お酒は糖質の少ない物を選ぶ

一般的に醸造酒と言われるお酒には糖質が多いものがおおいので注意が必要です。お酒が大好きでやめらないという人も醸造酒は最初の一杯だけにして、二杯目以降は蒸留酒を飲む方が良いです。

醸造酒
ビール、日本酒、ワイン、カクテル

蒸留酒
焼酎、ブランデー、ウィスキー、ウォッカ

醸造酒は蒸留酒に比べアルコール以外の成分が多く含まれています。ワインや日本酒などは美容に良いとも言われていますが、ダイエットの為には飲みすぎは良くありません。

おつまみに油物は厳禁

お酒のおつまみで高カロリーなものを食べるのはダイエットには一番良くありません。
おつまみに食べた揚げ物がそのまま体脂肪として身体に蓄えられてく状態をイメージしたら恐ろしいですよね…

また、お酒を飲んでいるときは血糖値が上がりづらくなり、満腹感を感じずにいつもより多く食べてしまうことがあります。
お酒を飲みながら食事をしているときは、いつもより少ないかな?って思うくらいの食事の量でやめておきましょう。

おつまみも野菜スティックや浅漬けなど野菜中心のローカロリーのものにしましょう。

お酒を飲みながら水もたくさん飲む

お酒を飲みながら、水をたくさん飲むことでアルコールの吸収スピードを穏やかにしてくれます。また、水はお酒の排出も助けてくれる、アルコールで鈍った代謝を回復させるのに一役かってくれます。
ダイエット中でもお酒を飲みたい!っていうときは一緒に水を飲むことを忘れないでくださいね。

お酒を飲んだ翌日はカロリーを抑える

お酒を飲んでいるときは摂取カロリーが過多になりがちです。アルコールが回って気持ちが良くなっているときに食欲を我慢するのは難しいですよね。
そんな時はお酒を飲んだ翌日の摂取カロリーを抑えるように心がけましょう。

一番は飲みすぎないこと

これができれば苦労はないのですが。ダイエット中はとくにお酒の量が増えないように注意しましょう。酔っぱらっている時間が長ければ長いほど、身体の代謝カロリーが抑えられ脂肪に変わっていく量が増えてしまいます。
ダイエット中はお酒は適量にするのが一番です。

どうしても飲みすぎてしまう。食べすぎてしまう。そんな時はサプリもオススメ

お酒で太ってしまう原因を説明してきましたが、それでもお酒や食事が我慢できない場合はサプリがオススメです。

お酒のお供にカロリーカット系サプリ

お酒を飲むときにおつまみを食べすぎてしまう。そんなことありますよね。
これはお酒のアルコールが原因で血糖値が上がりづらくなり、満腹感を感じなくなってしまうのが原因です。男性が飲み会の〆にラーメンを食べたりするのもこれが原因です。
酔っているときに食欲をコントールするのは難しいのでそんな時はサプリに頼るのもいいかもしれませんね。

お酒を飲む前にオススメなのがカロリーカット系サプリです。
食べたもののカロリーをカットしてくれるのでお酒のお供には最適です。

最近では成人病の予防の為や健康寿命を延ばすために大学などでも肥満に関しての研究が進んでいるようです。

最近発売されたゼロカルアクタニンSも四国学院大学が監修のもと開発されており、このサプリに含まれる新成分が脂肪の35%をなかったことにしてくれるというサプリだそうです。

お酒を飲んでいるときに食べたものは体脂肪に変わりやすいので、少しでも摂取カロリーを抑えたいという方はカロリーカット系のサプリメントを試してみるのもいいかもしれませんね。

ゼロカルアクタニンSの詳し情報はコチラ

お酒はダイエットには良くない!痩せたいなら適量にしましょう。

どうでしたかお酒が体脂肪を増やすことを説明してきましたが、友人とお酒を飲んで過ごす時間がストレス発散になったり、コミュニケーションが増えたりとお酒も悪いことばかりではありません。
お酒を飲んでる間は太りやすくなっているということを意識しながら、おつまみもお酒も適量を心がけましょう。

 

お酒の飲みすぎでダルさや倦怠感を感じる方、若々しさが失われてきたかなぁと思う方にはコチラもオススメです