紫外線がとても厳しいこの季節日焼け止めクリームだけでは紫外線を防ぐことは難しいのが現状です。
更に紫外線対策をしたいと願いたいあなたに飲む日焼け止めをオススメします。
体外だけではなく体内から日焼け止めを行うことで更なる紫外線対策になるのです。
今回は「美百花」についてご紹介させてもらいます。


美百花って何?

こまめに何度も日焼け止めクリームを塗る、そんな日焼けケアはもう終わり。
海外で人気の、飲む日焼け止め。

飲む日焼け止めって何?

セレブが愛用していることで有名に!飲む日焼け止めサプリとは

飲む日焼け止めとは、抗酸化作用を含んだドリンクやサプリメントを利用し、体の内側から日焼けを予防する健康食品です。海外セレブに愛用者が多いことから一気に広まり、日本でも人気に火がついたのです。

◆栄養素で体の内側から日焼け予防

飲む日焼け止めは抗酸化成分などを摂取することで、内側から日焼けを予防する新感覚の健康食品です。日焼けは紫外線が肌にダメージを与えることで起こります。このダメージを軽減し、色素の排出を促せば日焼けを防げることになるのです。

飲む日焼け止めには様々な種類がありますが、特に一般的になっているのがサプリメントタイプです。抗酸化成分を配合することで光による肌の老化を緩和します。一般的な日焼け止めのクリームと利用すればさらに効果的で、紫外線の影響を弱めつつ、ダメージからの回復も早めてくれるといわれています。

 ◆飲む日焼け止めは普段から飲んだ方が良い?

飲む日焼け止めを利用するポイントは、普段から飲み続けることです。日焼け止めといえばどうしても夏のイメージがありますが、実は冬や、雨の日であっても紫外線は降り注いでいます。紫外線は雨雲でもある程度しか緩和されないのです。夏になる前に肌にダメージが蓄積して日焼けになることもあるため、肌に気を使うのであれば普段から対策をした方がいいのです。9月も紫外線量が多いため注意が必要です。

一方で、どうしても雨の日や冬時期まで日焼け止めを利用するのは億劫になりがちです。美白に気を使うのであれば対策はした方が良いものの、どうしても面倒になってしまうケースがあるからです。飲む日焼け止めであれば毎日飲み続けるだけで、日焼けの防止に役立ってくれます。美白成分を含んだものも多いため、使い勝手も良いのです。

 ◆抗酸化物質はシミやシワの予防にも役立つ

飲む日焼け止めによく利用されるのが、抗酸化物質です。抗酸化物質は、文字通り体の酸化を防止してくれるのが特徴です。体の酸化とは、活性酸素が脂肪などと結びついた状態を指します。活性酸素が細胞と結びつくと周囲の細胞を破壊し、ダメージを与え始めるのです。

体の酸化は老化が進む原因といわれており、シワやシミの原因となることや、ガンの発生率高める可能性があります。抗酸化物質をとることは、健康や美容にもプラスになるのです。アンチエイジング目的で飲む日焼け止めを利用する人も多く、美肌を目指したい人にもおすすめなのです。

美百花飲む日焼け止めの具体的なメリット・デメリットまとめ

美百花にはどのようなメリットがあってどのようなメリットがあるのか調べてみました。

美百花メリット

・サプリメントタイプなので塗る手間が要らない

日焼け止めを塗るのはどうしても時間がかかり、忙しい時などは塗ること自体が面倒になることもあります。急いで塗っても塗りムラができやすく、部分的に日焼けするなど見た目も悪くなりがちです。飲む日焼け止めであれば、出かける前に飲むだけでなく、日焼け止めを塗る手間を減らすことができます。塗りすぎて肌がべたつくなどのトラブルも避けられます。日焼け止めを落とす手間も省けるのも長所です。

・美白や美肌にも期待できる

飲む日焼け止めは抗酸化成分や美白成分を含んでいるのが一般的で、中には保湿成分なども含んだ美容向けのサプリメントも存在します。日焼けの影響を軽減できるだけでなく、肌の調子の改善に役立つものが多いのです。外出の予定がない場合や雨の日など紫外線が弱い時でも美容目的に使うこともできます。紫外線の防止効果だけでなく、お肌の気になるところを補うサプリメントを選ぶこともできます。

 ・敏感肌でも使いやすい

塗るタイプの日焼け止めは、肌質が合わないと使えない場合があります。特に敏感肌など肌トラブルを抱えがちには使いづらく、相性が非常に気になってしまう場合もあります。飲む日焼け止めであれば、肌の相性を気にすることなく気軽に使うことができます。肌荒れなどで日焼け止めを塗ること自体を避けたい時も利用することができます。ただし、アレルギー体質の場合や、アトピーの場合は事前に原材料をチェックすることが大切です。

 ・水にぬれても気にしなくて良い

日焼け止めは耐水性がないものも多く、耐水性があるものは落とす時に大変などデメリットが存在します。特にプールや海に入る時は気になるポイントで、普段使う日焼け止めと分けてしまうと思わぬ出費になることがあります。飲む日焼けめであれば、体の内側から効果を発揮するため水に塗れても落ちる心配がないのです。また、汗で自然に落ちることもないため、汗をかきやすい夏場は特に使いやすくなっています。

 ・オールシーズン使えて無駄がない

冬や雨が降っている時でも紫外線は降り注いでいるものの、どうしても日焼け止めを使うのは億劫になりがちです。夏のシーズン以外はほとんど使わないという人もいるほどです。一方で、日焼け止めには使用期限があり、あまり利用をしない場合は無駄になってしまうことがあります。飲む日焼け止めであれば気軽に飲めるだけでなく、美容に対するプラスもあるため無駄を省くことができるのです。

美百花デメリット

 ・塗る日焼け止めと併用した方が紫外線防止効果は高い

飲む日焼け止めは日焼けの影響を減らすために利用することができます。しかし、紫外線自体を防ぐことはできないため、塗る日焼け止めと併用した方が効果を高めることができるのです。特に紫外線が強い時期は飲む日焼け止めだけでは思ったような効果が上がらないケースが出てきます。効果を過信しすぎないように注意が必要です。

 ・習慣を作らないと飲むこと自体を忘れがち

意外に多いのが、飲む日焼け止めを使っても飲み忘れるケースです。飲む日焼け止めは継続的に飲むことで効果に期待できる成分も多く、特に紫外線のダメージを考えると毎日飲むことが好ましいと言えます。外出する時だけに飲んでも効果は期待しづらく、ある程度習慣化して飲む癖をつけた方がよいのです。美容のための習慣と思って、朝出かける前と、お昼過ぎなど分けて飲む方法や、回復力に期待して夜に飲むなどの見分ける方法もあります。

 ・信用できるところで買うことも重要に

飲む日焼け止めは種類が増えつつあるものの、比較的新しいサプリメントのジャンルです。中にはサプリメント生産の実績がないメーカーが作っていることもあるため、買っても効果がないということもあり得るのです。信頼できるメーカーから買うことや、口コミの確かさで選ぶことが重要になります。特に海外製のものは日本と安全基準が異なるケースがあるため、慎重に選ぶ必要があるのです。

飲む日焼け止め美百花の情報を具体的にまとめてみた

飲む日焼け止めは日本での歴史が浅く、情報が不足しがちです。欧米からわたってきたばかりのため、良いものであるという情報しかない見つからない場合もあります。

正しく利用するためにも、わかりやすく情報をまとめてみました。

 ◆飲むことで日焼けの影響を軽減できる

日焼けは、紫外線によって肌が刺激されることによって起きます。肌は紫外線の刺激を受けるとメラニン色素を分泌し、肌が浅黒くなります。これは紫外線が皮膚の奥まで届くと細胞やDNAを傷つけ、ガンなどの元になる場合があるからです。色素を増やすことで紫外線が肌の奥まで届くのを防ごうとするのです。ダメージが蓄積すると正常な皮膚の再生が難しくなり、シワやたるみが発生しやすくなるのも覚えておきたいポイントです。

また、皮膚は紫外線を防ぐために色素を分泌し始めますが、色素の排出が正常に行われないとシミの原因になります。

実は肌年齢は加齢よりも紫外線から受ける影響の方が強く、肌の老化を防ぐにはいかに紫外線の影響を予防するかが大切になるのです。

一般的な塗る日焼け止めは、紫外線防止効果が高く、使いやすいものもあります。一方で、忙しいときは塗り忘れが生じたり、汗をかくと塗りなおしが必要になったりと何かと面倒になりがちです。

肌が弱い人の場合は肌荒れの原因になってしまったり、ウォータープルーフの日焼け止めを落とすためには洗浄力が強いメイクお年が必要なるなど、肌に負担をかけることもあります。

飲む日焼け止めは、紫外線が肌に与える影響を軽減することを目的に作られています。紫外線を受けることで起きる変化を抑制できれば、実質的な日焼け防止に利用できるからです。

飲む日焼け止めは抗酸化成分で皮膚の酸化や劣化を防ぎ、色素の沈着を防ぐための美白成分を含んだものが多くなっています。

塗るのではなく、飲む習慣をつけることで日焼け防止のサポートをしてくれるのが魅力なのです。

 ◆塗る日焼け止めとの大きな違いは

塗る日焼け止めと飲む日焼け止めの大きな違いは、紫外線の影響を防ぐ仕組みです。塗る日焼け止めは肌の表面に塗ることでバリアのように紫外線をはじき、影響を小さくすることができます。飲む日焼け止めは一度進入した紫外線の影響を薄めることを目指しているため、根本的な仕組みが違うのです。

おすすめなのが、紫外線が気になるシーズンは塗る日焼け止めと併用することです。外当地から紫外線の影響を減らすことができれば、それだけ美白や美肌に良い影響を与えます。年齢肌が気になる場合は、飲む日焼け止めを使って肌の状況改善を目指すことができるのです。

飲む日焼け止めに含まれる抗酸化物質はアンチエイジング目的でも利用されるため、日焼け予防以外の面でも活用しやすいのです。

また、強力すぎる日焼け止めはビタミン不足を招いてしまうことがあります。人間が太陽の光を浴びると、体の中でビタミンDが生まれます。ビタミンDはカルシウムの生産に関わっていて、不足すると骨粗しょう症になりやすくなってしまうのです。

常に塗るタイプの日焼け止めを利用し、紫外線を徹底的に避けても別の面でマイナスになることがあるのです。飲む日焼け止めであれば光自体をさえぎる効果はないため、軽い日光浴で栄養を補うのにも使いやすいのです。

 ◆習慣的に飲み続けるのがポイント

紫外線は夏だけでなく、冬でも降り注いでいて、一部は曇りや雨雲を突き抜けて地表に降り注いでいます。道路などで反射するケースも多く、見た目のまぶしさとは別に紫外線量が多いということもあるのです。

飲む日焼け止めはサプリメントタイプのため、飲み続けることで効果を実感しやすくなります。日々の紫外線対策ができるだけでなく、習慣的に飲むことで美白成分や美肌成分の不足を補うことができます。

日焼け止めを塗るか迷うときでも気軽に使え、日常が少し便利になる面もあるのです。